1. HOME
  2. 「一緒に死のうか」小学校教師が児童に 命を軽視する発言に「命の大切さを指導したかった」福岡・粕屋町

「一緒に死のうか」小学校教師が児童に 命を軽視する発言に「命の大切さを指導したかった」福岡・粕屋町

事件・事故

2024/07/10 13:55

福岡県粕屋町の小学校で6月、授業中に男性教師が児童に対し「一緒に死のうか」と発言していたことがわかりました。

教師による不適切な発言があったのは、粕屋町にある町立小学校です。

町の教育委員会によりますと6月中旬ごろ、6年生の男子児童が休み時間に命を軽視する発言をしました。

発言を聞いた担任の男性教師が授業で命の大切さについて説明しましたが、当該の児童から返事がなかったため廊下へ連れて行き、窓際で児童の肩に腕を回し「一緒に死のうか」と言ったということです。

その後、男性教師は児童や保護者に謝罪をしていて、学校側の聞き取りに対しては「命の大切さについて指導したかった。反省している」と話しているということです。

教育委員会は「子供たちに不安と恐怖を与え申し訳ない」としています。

あなたにおすすめ

  1. HOME
  2. 「一緒に死のうか」小学校教師が児童に 命を軽視する発言に「命の大切さを指導したかった」福岡・粕屋町